HP開設しました

こちらでは初めまして!

電子書籍「これからの永遠」の著者の一人、チコママと申します。

私が書かせていただいたのは、第一部。

私自身が愛犬チコと出会い、共に暮らすうちに親子となり、そしてお別れするまでの

心情を豊富な画像と共に綴っております。

すでに読んで下さった方々には温かいご感想を沢山いただき、本当にありがとうございます。

改めてお礼申し上げます。


「愛犬との別れ」という繊細なテーマについて全てをさらけ出すのには正直、不安もありましたが

私にはどうしても貫き通したい想いがありました。それは「チコが私に教えてくれたこと、残してくれたものを無駄にしたくない」という

想いです。それらをめいっぱい詰め込んだ「これからの永遠」を少しでも多くの方々お伝えしていくことが、チコが私に託した

「ママとしての最後の仕事」だと思っております。


このHPでは書籍に対する私達たちの活動をご報告したり、みなさんと一緒にワンコへの想いを語ったりしていきたいなと

思っております。自由に書き込んでいただける掲示板「愛する我が子達へ」も設けておりますので、ぜひぜひ覗いて下さいね。

では、これからもどうぞ宜しくお願い致します。


■本日の日記担当:チコママ

コメントをお書きください

コメント: 37
  • #1

    じょこ (火曜日, 04 8月 2015 21:58)

    公開 4分 たまたま です・・・この時間。
    よく 前向き×2乗?以上に 公開・継続・・を site開設。 多くの窓口を 持つことは 時代的に可能性・効果あります。
    でも それだけ 管理、、、消耗、、 も出るyhoo。。。 
    チコママ ぺろまま。 多くの思いを 公開する。 そして維持する前向き姿勢。凄いっす! 脱帽デスy
    ありがとう。でも 色々出てくる 遭遇することに 耐える力。増々・増すよn。 

  • #2

    (火曜日, 04 8月 2015 22:04)

    ブログより、永遠。。。読ませてもらいました。が、途中で涙が止まらなくなりまだ、全部はよんでません。
    でも、ゆっくり、読ませて頂こうと思ってます。
    これからも。チコちゃんとままさんはいつでも一緒。そう思ってます。

  • #3

    Ziropapa (火曜日, 04 8月 2015 22:21)

    「これからの永遠」読ませていただきました。
    チコママさんのブログを読んでいた時の事が思い出されました。
    大変懐かしく思いましたが、涙が止まりません。
    何度も読みましたが、やはり涙が止まりませんでした。
    しかし、また読むと思います。
    何度も読むと思います。
    チコちゃんの事が懐かしい。
    チコちゃんに会いた〜い。
    「これからの永遠」をPrintして、冊子にしました。
    大切に残す為に。

  • #4

    ゆみ (火曜日, 04 8月 2015 22:34)

    うちには今2頭のトイプー兄弟がいますが、この子達の前にはチコちゃんとソックリなチャチャがいました。チャチャも病気で1年寝たきりになり、病気が発覚してから1年3ヶ月ぐらいで虹の橋を渡りました。享年12歳。11歳の誕生日を迎えて1ヶ月のことでした。本来の寿命から考えると少し短かったかもしれません。でもチャチャが私達に残してくれたもの。伝えたかったこと。全部受け止めて5年が経ちました。今でも思い出すと涙が止まらなくなります。これはずっとそうかな。。。チコちゃんのBlogはチャチャがいなくなってから見つけました。あまりにチャチャにソックリでビックリして(笑)そして、チコママのなんとゆー文才のある記事!毎日笑いながら読ませて頂いてました。再開してくれてありがとう。またチコちゃんに会わせてくれてありがとう。これからもずっと応援させて下さいね。

  • #5

    ゆみ (火曜日, 04 8月 2015 22:38)

    すみません、これからの永遠、感想書いてませんでした(^^;;
    皆さんも同じだと思いますが、涙が出て私も色んなことを思い出しました。
    みんな我が子への想いは同じですよね…

  • #6

    ちかこ (火曜日, 04 8月 2015 22:41)

    どうして、殺処分は減らないのでしょうか。
    こんなに、恐い言葉を普通に使える国はどれくらいあるのでしょうか。
    北欧ではペットショップの存在すらなく、なんの違和感もなく電車にも乗れるし、しつけではなく教育がされている。感情があり成長を信じ信頼を寄せる、寄り添う対象として尊重されていると感じます。
    命、文化、価値観。深く考えていないでしょうし知識も説得力もない。感情でしか考えられない。どうしていいかわからないけど…あかんよね!
    小さい私はただ漠然と思うだけ。動きだした貴女達はチコちゃんがいたから、こうして私達の心をざわつかせてくれます。私は、チコちゃんのことを、たくさんの人に知って欲しい。その一助になります。

  • #7

    おはる (火曜日, 04 8月 2015 22:46)

    チコママさん
    ペロママさん

    お二方の熱い思いに感激しております☆

    スマホからブログを拝見する事が多く
    今もブログを読み
    飛んできました~

    次はPCからお邪魔します♪

    私の楽しみが増えました(o^-^o)


    ありがとうございますm(__)m


    時節柄
    お身体ご自愛下さいませ♪

  • #8

    ぷにおです (火曜日, 04 8月 2015)

    師匠、ホームページ開設、お疲れ様です。
    北海道札幌市から修行してます。

  • #9

    *はなママ* (火曜日, 04 8月 2015 23:03)

    HP開設おめでとうございます。
    今度、ゆっくりとお空に行った先代ワンコについて書かせてもらいたいと思います。
    チコママさん、ペロママさん、これからもよろしくお願いします。

  • #10

    musakunです。 (水曜日, 05 8月 2015 00:54)

    こんばんは。

    ホームぺージ開設おめでとうです。
    私も柴犬を3代にかけての人生を
    送っています。
    今までのわんこの思い出を語れる事
    が出来る事・場所・を与えて貰えて
    とても嬉しいです。
    ほんとに嬉しい~
    ありがとう~です。

  • #11

    二胡ママ (水曜日, 05 8月 2015 01:14)

    チコママさんと、ペロママさんの活動には、いつも頭が下がる思いです。
    二胡も11歳。 いつかは、おとずれる別れ・・・
    「これからの永遠」は、私にとってのバイブルになりました。
    チコたんは、いまでも、いろんなことを伝えてくれています。
    ありがとうございます。
    これからも、いろんな想いや、情報を伝えてくださるととってもうれしいです。
    二胡との生活を楽しく過ごせる為に、参考にさせていただきたいと思っています。

  • #12

    柴犬大好き (水曜日, 05 8月 2015 08:15)

    チコママさん、ペロママさんHP開設おめでとうございます。
    これからの永遠・・・読ませていただきました。
    柴犬のチコは初期の頃から拝見していました。主人の実家にオスの柴犬が居たので
    メスはこんなに可愛いんだ~とメロメロでした。
    チコちゃんが居なくなってから、読むのが怖かったのですがチコママさんの
    前に進む姿勢を観て一気に読むことが出来ました。
    いずれは犬と一緒に生活をしたいと思いますので、ぜひ参考にさせていただきますね。

  • #13

    ひなぼん (水曜日, 05 8月 2015)

    涙が止まりません。
    うちの子、ひなちゃんと重なってしまいました。
    ひなちゃんも病気でした。ガンでしたが、私も苦しむ延命は求めず お別れが早くなっても 毎日を穏やかに過ごしてほしかった。
    親孝行なひなちゃんは、私の気持ちをわかってくれたのか 最後まで元気で 眠るように旅立ちました。
    元気いっぱいで食いしん坊な姿ばっかりを残してくれた ひなちゃん♡
    ひなちゃん、お空でチコちゃんと会ってるかな。
    「ひなちゃん…」今でも時々お空を見上げてお話しします。

  • #14

    みき (水曜日, 05 8月 2015 10:47)

    チコママさん、HP開設おめでとうございます。いよいよ本格始動ですね。
    チコちゃんや他のたくさんのワンコさんの生きた証が集まる場所ができるって
    とても素敵なことだと思います。私の実家のmix兄ちゃんマッキーと柴弟チータ
    も、きっと仲間入りさせていただきたいと思っているに違いありません。
    これからも楽しみにさせていただきますので、よろしくお願いします。

  • #15

    まゆちこ (水曜日, 05 8月 2015 11:58)

    チコママさん、初めまして♪初めてコメントを書きます。
    毎日更新されてるかな?と楽しみに開いてます(^^♪
    チコちゃんブログは、毎日楽しく拝見しておりました。
    突然のことで我が子の事のように泣きました・・・
    そして、書籍を読んでも涙が溢れてきて・・・
    我が家にも9才になるワンコがいます。
    お別れは避けられないんだなぁ・・・と思うと涙が止まらなくなっちゃいます。

    ここでいろいろな情報を知ることが出来ることと、またチコちゃん、チコママさんに会えることが
    とても嬉しいです!よろしくお願いします♪

  • #16

    管理人・チコママ (水曜日, 05 8月 2015 14:50)

    ■じょこさんへ■
    ありがとうございます♪とにかく何か形にしなければ進めない!
    ぺろままさんと話し合った結果、書籍の作成&HP立ち上げとなりました。
    色んな事があると思いますが「心の奥底にある信念」を曲げず進んでいこうと思います。
    これからも宜しくお願いします。
    ■玄さんへ■
    温かいお言葉、ありがとうございます。
    ページ数もありますので、お時間がある時、無理をなさらないペースで
    読んでいただけると嬉しいです。
    これからも宜しくお願いします。
    ■Ziropapaさんへ■
    温かいお言葉、ありがとうございます。
    私もチコに会いたい、抱きしめたいです。
    それはもう現実には叶いませんが、チコへの想いを書籍という形で丸ごと残せて
    変な言い方ですがホッとしています。絶対に1ミリも失くしてはいけない想いだと
    思うので・・・。これからもどうぞ宜しくお願いします。
    ■ゆみさんへ■
    チャチャたんとチコ、似ているのですね♪
    今頃「なんちゃってイナリ・ツインズ」としてお空の上で仲良くしているかもしれません。
    そう思うと、ほんの少し心が救われますよね。書籍も読んで下さってありがとうございます。
    これからもどうぞ宜しくお願いします。

  • #17

    管理人・チコママ (水曜日, 05 8月 2015 15:02)

    ■おはるさんへ■
    温かいコメント、ありがとうございます♪
    私も新たに進む道が見つかってドキドキしています。嬉しいドキドキです。
    また遊びにいらして下さいね。
    これからもどうぞ宜しくお願いします♪
    ■ちかこさんへ■
    すみません、コメントが前後してしまいました。
    私も同じことを思います。他国でできる事が日本でできない訳ないですよね。
    しかも「ペットを捨てない」というごく当たり前の事なのに・・・。
    でも人の意識を変えるのってなかなか難しいですよね。
    「捨てちゃだめだ」「愛情をもってあげて」
    何度も言えば伝わるかというと、そうではない気がしてしまいます。
    だったら「犬との暮らしがどんなに幸せか」を実際の生活を通して
    お伝えしていけば良いのではないか。
    そう思う様になりました。実際、そんな気持ちでチコブログを更新して
    おりました。結局はただの親ばかブログになってしまった感はありますが
    今回、そのようなお言葉をいただけて本当に嬉しいです。
    何よりチコ本人が喜んでいると思います。
    その信念を曲げず、これからも進んでいこうと思っております。
    どうぞ宜しくお願いします。
    ■ぷにおさんへ■
    温かいお言葉、ありがとうございます♪
    札幌ですか~。食いしん坊な私はどうしてもラーメンを思い出してしまいます。笑
    こんな私ですが今後とも、宜しくお願いします。
    ■*はなママさんへ*■
    ありがとうございます♪
    お時間がある時に、お話お聞かせ下さい・・・♪
    私もこの管理人日記で色々、想いを語っていければと思っています。
    これからも宜しくお願いします。

  • #18

    管理人・チコママ (水曜日, 05 8月 2015 15:13)

    ■musakunさんへ■
    ありがとうございます。
    ぺろままさんとも話していたのですがペットロスの苦しさって
    実生活の中ではなかなか吐き出せないですよね。
    抱え込む辛さは私もすごく分かるので、こうして掲示板を設けることができて
    嬉しいです。これからも宜しくお願いします。
    ■二胡ママさんへ■
    温かいお言葉、ありがとうございます。
    でもニ胡たんはもう十分、幸せいっぱいだと思います♪
    いつもこんなにも心配したり想ってくれるママさんが傍にいらっしゃるんですもの♪
    これからもどうぞ宜しくお願いします。
    ■柴犬大好きさんへ■
    永い間、チコを見守って下さってありがとうございました。
    私に進む勇気をくれたチコと皆様に心から感謝しております。
    いつか可愛い家族ちゃんをお迎えされたら教えて下さいね♪
    これからも宜しくお願いします。
    ■ひなぼんさんへ■
    ひなたん、とっても親孝行なおりこうさんだったのですね。
    今は元気な頃の体に戻って、チコと遊んでくれているかも。
    そう思うと心が救われますよね。
    私も毎日、チコに話しかけています。まだ涙もでます。
    これから、一緒に進んでいただけると嬉しいです。
    宜しくお願いします♪
    ■みきさんへ■
    温かいお言葉、ありがとうございます。
    姿は見えなくなってしまっても、あの子達がその生涯をかけて
    残してれくたものは永遠に消えることはないですよね。
    いっぱい語り合いたいです。
    これからも宜しくお願いします。
    ■まゆちこさんへ■
    永い間、チコを見守って下さってありがとうございました。
    お別れは残念ながらいつかは誰にも来てしまいますが
    ワンコには過去も未来もなく「今」が全てだと聞いた事があります。
    なのでまゆちこさんも今を思い切り幸せに楽しんで下さいね。
    これからもどうぞ宜しくお願いします。

  • #19

    musakunです。 (水曜日, 05 8月 2015 16:34)

    こんにちは。

    チコままの言うとおりなんです。今のうちの子は語る事も多くて
    でも虹の橋を渡った子を語る所や人は居ないのに等しいから
    胸に抱いたまま封印してました。
    それを柴犬チコからの縁を結んで思い出をもう一度胸から
    解き放す事が出来るなんて嬉しいです。

    今日は初代柴犬コテツを辿って行きたいです。
    私が結婚してすぐに姑の自宅介護・不妊治療・と
    とてもツラい日々を送ってる時元夫の兄が柴犬男を
    やるとの事私にとって初体験でしたが好い縁と
    思いうちの子になったのが初代柴犬のコテツです。
    結構男前の良い奴で現在と違い番犬もしっかりして
    くれて(隣近所では恐れられてたみたい)
    頼れるコテツでした。
    私も20代半ばでストレスの多い中コテツと
    海や山や田んぼと駆け回りストレスを発散
    してました。時々八つ当たりもして
    「ごめんね」って言うと私の顏を”気にせんといて”
    ってぺロぺロ舐めて慰めてくれてました。
    なんかかわい過ぎて気持ちが私の中で
    どうしょうって溢れて来るんです。
    なぜ人じゃ無いんだろう~って
    わんこなんだろうって
    愛しすぎるこの気持ちが初めてで
    どうしたらイイのか若い私は戸惑ってたみたい
    でもでもそれも分かったのがコテツが
    亡くなった後で遺骨を胸に抱きもっともっと
    抱きしめていたかったって
    コテツは分かってくれてたのかな?
    こんなに愛しい気持ちが溢れてたって
    亡くなった当初は夢に出て来てくれたけど
    でも今はこんな形で思い出してまた溢れる
    思いも思い出して
    ありがとう~うちの子になってくれて
    慣れない若い私に愛を教えてくれて
    ありがとう~ありがとう~コテツ

    チコままこの縁をありがとう~です。

  • #20

    hanapi-mama (水曜日, 05 8月 2015 17:51)

    ホームページの開設、心からおめでとうございます!!
    とっても嬉しいし、有り難いと思っています。
    ここでは、今まで多くの人が誰にも話せなかった愛犬とのお別れのことや、その後、話すことのなかった気持ちや、今一緒に暮らしている愛犬への思いを伝えられるところとありました。
    そんな場所は本当になかったなぁと思っています。
    本当につらいことって、話せないんですよね!
    たくさんの方々の癒しの場になると思います。

    チコママさん、ペロママさん、ありがとうございます。

    私たちの愛犬・華は、柴犬だけを育てているブリーダーさんが「この子は生まれてから50日間、下痢が止まらなかった子で、今日初めて外に出た子ですが、たぶん育たないと思います。その時は新しい子と交換しますので。」と言われた子を連れてきました。
    仕事柄、「弱くても大丈夫!!必ず丈夫にする!」って思って、連れてきました。
    その華も今年で15歳、一日一日を本当に大切に過ごしています。私たちの愛娘そのものです。
    いつの日か華に持たせる日記を書いています。
    書き始めはすべて、「パパとママの宝物 華ちゃんへ」です。
    華には感謝しかありません。 
    華にパパとママにしてもらい、つらい時、悲しい時には支えられましたし、楽しいことは何倍にもしてもらいました。
    お別れする日のことを考えると、胸が張り裂けそうになります。
    私たちのすべてを信じ切っているこの子に対して、この子が幸せだと思うことを何でもしてあげたいという気持ちで、日々暮らしています。

    チコママさん、ペロママさん
    素敵なホームページを本当にありがとうございます。




  • #21

    太子の篤姫 (水曜日, 05 8月 2015 19:12)

    ホームページ開設されたんですね~
    おめでとうございます・・・なのかな?
    篤姫はパソコンは持っていませんので、スマホで応援します。
    チコママさん達の行動力凄いですねー
    頭が下がります。
    チコちゃんが自慢してるかも知れませんね。「チコのママ達凄いでしょ」ってね。無理なさらずに、頑張って下さい。遠い大阪府から応援しております。

  • #22

    さくらこママ (水曜日, 05 8月 2015 20:15)

    チコママ&ぺろままさん、
    ホームページの開設、ありがとうございます!

    チコママのブログが再開されただけでも日々癒されて有難いのに、
    またこんな皆さんの色んなご意見や経験談がきける場所まで作って頂けて
    本当に嬉しいです。

    私などさくらこが生まれて初めて飼った子で、
    犬の育て方も全く知らないまま一目ぼれで迎えた子でした。
    なのでチコママ、チコちゃんから教えて貰った事も多くて
    今日まで何とか無事に過ごせています^^

    お二人の行動力は本当に見習いたいほど素晴らしいです!
    意は尽くせませんがこれからもどうぞよろしくお願い致します。

  • #23

    ガジラ (水曜日, 05 8月 2015 20:26)

    チコママ.ぺろままホームページを開設してくださって、どうもありがとございます!!
    暑い夏ですね、お体の調子を壊さないように気をつけてください。
    チコちゃんの笑顔・わたしの実家にいて12年前に旅立ったプーちゃんの笑顔わすれないよっ!!

  • #24

    Reea (水曜日, 05 8月 2015 21:09)

    チコママさんぺろままさん、こんにちは♪以前チコママさんのブログで電子書籍のお知らせがあった時にコメントしました者です。
    あの時のコメントにチコママさんがお返事くださった言葉、『一緒に邁進していきましょう』の意味を想像していたのですが、こちらにお邪魔して、やっぱりそうだったのかと思いました。
    私も、私なりに邁進しております!頑張って初めての動画編集やってみました。
    良かったらお時間ある時に覗きに来ていただけたら嬉しいです。
    これからも応援しています。すべてのわんこと飼い主が幸せに暮らせる世の中に向かって、私も邁進していきます。

  • #25

    管理人・チコママ (水曜日, 05 8月 2015 21:11)

    ■musakunさんへ■
    コテツたんの、寛大で男らしい様子が目に浮かぶようです。
    言葉は話せないけど、きっと大好きなmusakunさんの様子を見て
    そのお気持ちを察してくれていたのでしょうね♪
    どうしてワンコなんだろう・・・っていうの分かります。
    私もチコに対して思っていました。
    でもワンコだからこそ、あそこまで想い合えたのかもしれませんね。
    本当に愛おしい子達です。これからもいっぱい、お話しましょうねぇ。
    ■hanapi-mamaさんへ■
    他の子と交換だなんて・・・・。
    この子は世界に一人だけなのに、なんだか切ない言葉ですね。
    もしよそのお家に迎えられていたら華たんは元気でなかったかもしれません。
    ママさんやパパさんの愛情の賜物ですね♪
    華たんへの想いが詰まった日記、素敵です。
    そこに書いてある幸せな言葉の数々は、きっと華たんから
    ママさん達への想いと同じだと思います♪
    ■太子の篤姫さんへ■
    ありがとうございます♪
    どう動いて良いのか分からず、ずっとウダウダしていた私を
    ぺろままさんがぐいぐい引っ張ってくれました。
    始まったばかりなので、どうなるか分かりませんが
    チコのママとして恥ずかしくないように進んでいけたらと思います。
    ■さくらこママさんへ■
    温かいお言葉、ありがとうございます。
    私もチコが初めてのワンコさんでした。
    も~毎日がアタフタの連続で。本もいろいろ読みましたが
    一番参考になったのは「一般のワンコママさんの体験談」だったかもしれません。
    すっと入るんですよね、心に♪
    これからもどうぞ宜しくお願いします♪
    ■ガジラさんへ■
    12年たっても、ガジラさんのお口からしばしば出てくるプーたんのお名前。
    こんなに想われて、プーたんは幸せですね♪
    今年も厳しい暑さです。お互いにがんばりましょうねぇ♪

  • #26

    まめすけ母 (水曜日, 05 8月 2015 21:19)

    チコママさん、ぺろままさん、ホームページの開設おめでとうございます。

    チコちゃんの日常を綴った柴犬のチコを拝見するのが、楽しみでした。
    チコちゃんを亡くされて心配でしたが、だいぶんお元気になられたんだなあとうれしく思います。

    まだまだ暑い日が続きますが、お体を大切になさってください。これからも、応援しています。

  • #27

    りんごママ (水曜日, 05 8月 2015 21:21)

    ホームページ開設、おめでとうございます!
    チコちゃんにはいっぱい笑顔と元気を貰いました。
    今までも感謝の気持ちで溢れています・・・

    亡くなった愛犬の思い出を綴る事は
    辛く悲しい時もあります。
    でも思い出話は一番の供養になると信じていますし
    同じ写真の使いまわしでも、私も長い間ブログを
    続ける事が出来たのかな~と思っているんですよ。

    チコちゃんもお空で、ママさんの新しい出発に
    とても喜んでいるでしょうね。
    大きな病気をされた後ですので、無理はせず
    チコママさんのペースで進めて頂ければと思います。

  • #28

    3匹のちわわ (水曜日, 05 8月 2015 22:06)

    チコママさ~ん、はじめまして!
    たぶん、もしかしたら3月のぺろままさんのイベントですれ違ってたりして・・・

    さて、我が家も3年前に14年共に過ごした 
    ちわわん薫(ゆき)が虹組に行っちって・・・
    涙涙涙の日々を過ごしました。
    チコちゃんの本を読んでは涙を流しながら、薫を思い出しては涙をまた流し・・・
    でも、ぺろままさんを始め、色んな人に出会い、助けられ、
    薫の子ども(菜々&翔 現14才)と
    今では保護わん②、保護にゃん②と賑やかに暮らしています!
    これからも何かと活動に触れ合って行きたいと思っています。
    どこかでお会いできる日を楽しみに頑張ろうと思います。
    よろしくお願いします!!

  • #29

    ゆな (木曜日, 06 8月 2015 00:16)

    チコママさん、ぺろままさん、HP開設おめでとうございます。
    虹の橋を渡ったわが子への想いを語れる場所を作っていただけた事、本当にうれしいです。
    感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
    そして、ツライ思いをしているわんちゃん達のために何かしたいと思いながら
    まだ前に進めず、自分にできる事は何なのか、探している途中なので
    ここで少しでも私にできる事を見つけて、行動に移せたら…と思います。
    わが子が教えてくれたたくさんの大切なこと、大きな愛、
    こんな私をずっと守ってくれたことに少しでも恩返しできるように頑張っていきたいです。

  • #30

    phiro (木曜日, 06 8月 2015 02:09)

    開設おめでとうございます

    チコちゃんにも会えるし楽しみが増えました(~▽~@)♪♪♪

    家の子好き嫌いが多く胃腸も弱い子で最近夏バテらしく
    困ってます…(T△T)

    水遊びも嫌いだし…何をしてあげたらいいか何を食べさせたらいいかとても困ってます

    知恵をお借りしたいですm(__)m

  • #31

    管理人・チコママ (木曜日, 06 8月 2015 10:02)

    ■Reeaさんへ■
    温かいお言葉、ありがとうございます。
    動画も拝見させていただきました。ここまで描いて編集するのは
    すごい大変だったのではないでしょうか。
    色んな方に見ていただきたいと私も思いました。
    保護犬というと色んなイメージがありますが、そこを変えていきたいという事は
    私がブログでお世話になっているPecoの社長の強い願いでもあります。
    私も同感します。一緒にできることを頑張っていきましょうね。
    動画、ご紹介下さってありがとうございます。
    ■まめすけ母さんへ■
    永い間、チコを見守って下さってありがとうございました。
    一年以上かかってしまいましたが、皆さんのおかげでここまで
    進んでこれました。まだまだ・・というか一生、チコを失った悲しみは消えませんが
    それの想いも丸ごと進んでいくことに決めました。
    これからもどうぞ宜しくお願いします♪
    ■りんごママさんへ■
    温かいお言葉、ありがとうございます。
    そうですね。せっかくチコが私にくれた「思い出」なので何度も語り
    そしてあの子への愛情を再確認していきたいと思います。
    私の心配までありがとうございます。
    これからも宜しくお願いします♪
    ■3匹のちわわさんへ■
    はじめまして!
    そうですか・・ほかの家族ちゃんの可愛い姿はきっとお心を
    慰めてくれるでしょうね。賑やかな様子が目に浮かびます♪
    私は九州なので、ぺろままさんの作品展にはお邪魔できなかったのです。
    でもいつか機会を見付けて会いに行きたいと思っています。
    その時はぜひご一緒しましょうね!
    これからも宜しくお願いします。
    ■ゆなさんへ■
    ありがとうございます。
    私もまだまだ模索する毎日です。
    とりあえずの第一歩として書籍とHPを作りました。
    これからは一緒に進んでいただけると嬉しいです。
    どうぞ宜しくお願いします♪
    ■phiroさんへ■
    ワンコさんは夏が苦手ですよね・・・。
    お家の中で暮らしてらっしゃるのですか?
    一番大事なのは気温の調整だと思います。
    夏バテというのは食欲がないのですか?
    お腹がユルいですか?
    逆に質問ばかりで、すみません(汗)
    私も素人なのでもちろん専門知識はありませんが
    チコと暮らした経験談ならお話できますよ~。

  • #32

    モモのお姉ちゃん (木曜日, 06 8月 2015 19:32)

    こんにちは。私はチコちゃんと出会ったのは遅くて、チコちゃんが我が社の商品 体組成計キャンペンガールになってくれたのが出逢いです。そこから大ファンになって、幸せブログを読んで、幸せをイッパイ貰ってました。「これからの永遠」を読んだ時は嗚咽が出るほど泣きじゃくりました。ママ、生きててくれて良かった。チコちゃん、夢の中でママに大切な事 語りかけてくれて良かった…ウチのモモもいつか、私よりも先に虹の橋を渡ってしまったら、チコちゃんみたいに大切な事を伝えに来てくれるといいな。ママ、これからもママにププッッと笑ってしまうコメント、たのしみにしてるね。

  • #33

    管理人・チコママ (木曜日, 06 8月 2015 20:36)

    ■モモのお姉ちゃんさんへ■
    その節は大変お世話になりました。
    書かせていただいたコラムは「私がどんなふうにチコの健康に留意していたか」を残す
    貴重な記録になりました。チコは残念ながら遺伝性の病気で命を落としましたが
    基礎体力がしっかりしていたので一度は驚異的な回復をみせた時期もありました。
    「私がやってきた事は間違ってなかった」
    その想いだけが、チコを失った直後の私をかろうじて支えてくれていたのです。
    なので感謝の気持ちでいっぱいです。
    皆様、お元気でらっしゃいますか?
    どうぞ宜しくお伝え下さい。そしてこれからも宜しくお願いします。

  • #34

    むっく (金曜日, 07 8月 2015 10:41)

    はじめまして。 ぺろまま様のブログを通して、お邪魔させて頂きました。
    チコちゃんとむっくを重ねてしまい、たくさんの重いがこみ上げてきました。
    むっくは今年の3月29日に天使になりました。
    あの日からむっくにありがとう という気持ちを支えに前を向かせて頂いています。
    むっくからもありがとうの信号がたくさんたくさんありました。
    チコちゃんのお写真からもその様子が凄く伝わってきますね。
    失うかもしれないと不安な気持ちでいっぱいだった頃は
    悲しい気持ちしか残らないと思っておりましたが、
    愛犬と一緒に暮らしたかけがえのない日々というものは
    いったん終えても、これからも続いていくのですよね。  
    永遠にぬくもりあるものだと痛感しております。
    実はブログでは書く事が出来なかったのですが、
    むっくにも延命治療という家族にとって苦しい選択がありました。
    お断わりした理由はチコちゃんママと同じです。
    思い出したくない出来事もありますが、
    改めて暖かい気持ちにして頂いたことに、感謝の気持ちをお伝えしたくて
    コメントさせて頂きました。
    ありがとうございました。

  • #35

    管理人・チコママ (金曜日, 07 8月 2015 12:29)

    温かいお言葉、ありがとうございます。
    むっくさんも同じようなことを仰っていますが、我が子を失う前までは
    「この子がいなくなっても自分は生きていけるのか」と本気で思ってました。
    それは私の周りもそうだったみたいで、チコが元気な頃から
    「そんなにベッタリで、あなた大丈夫?」みたいな事を言われてました。
    いざ失ってみると、その苦しみは想像より何倍も辛いですよね。
    でもそれは絶対に乗り越えなければいけない辛さなんですよね。
    だって可愛い我が子が生きた証の一つなんですから。
    自分がいなくなった後、家族がなんとか乗り越えられるように
    ペットちゃんは幸せな思い出をたくさん残してくれるのかもしれませんね。
    私自身も、チコとの思い出が生きる糧になっています。
    まだまだ辛い、というか一生消えない想いだと思います。
    一緒にゆっくり進んでいただけると嬉しいです。
    宜しくお願いします。

  • #36

    ころちゃんみーちゃん (金曜日, 07 8月 2015 22:03)

    我が家は7月に18年暮らした柴犬コロたんが旅立ち落ち込む毎日を過ごしています。言葉こそ話さないけど様々な感情表現をして一緒に居てくれた家族がいない事はとてつもなく寂しく、この生活にいつか慣れるのか、慣れてしまうのかと不安です。でもこの本を読ませて頂き、前にすすまなくてはいけないと思い始めています。一人になるとすぐに涙が出てしまいますが時に身を任せることにしてみます。チコママさん、我が家でも職場でもチコたんダボたんが笑って私達を見てくれていますよ〜。これからもブログを楽しみにしています。

  • #37

    管理人・チコママ (金曜日, 07 8月 2015 22:14)

    お辛い中、書籍を読んで下さってありがとうございます。
    私はチコを失って一年以上が経ちますが、未だに慣れる事はありません。
    きっと一生、こんな感じなのかなと思います。
    でもうまく言えないのですが「悲しみの種類」が変わってきた気がします。
    失った直後は、変な言い方ですが生々しい悲しさでした。
    どうしても闘病とか最期の瞬間ばかりを思い出すからだと思います。
    それが徐々に「大好きなあの子がいない悲しさ」に変わってきました。
    それだけ幸せな場面を思い出す事が多くなったからだと思います。
    これがいわゆる「時の流れが癒してくれる」という意味かなと思ってます。
    涙、でますよね。私もまだまだです。
    当然ですよね、可愛かったんですもの。
    これから一緒に、ゆっくり歩いていただけると私も心強く嬉しいです。