ひたすら、すすむ。

一年以上前に更新を止めたにも関わらず

今も温かいコメントをいただく「柴犬のチコ。」

皆様、本当にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


チコのことをご報告するまでに一年かかった私ですが

その間、どんな心境の変化があったのか

どんなふうに進んできたのか・・・訊かれる事が多いです。

正直、チコを失った直後の記憶はあまりありません。


自分が会った友達、交わした会話も全く覚えてなくて、今になって皆にビックリされています。

というか自分自身でもビックリです。

きっと頭が「考える作業」を止めていたんですね。でも振り返って思うのは

最初の半年は歯を食いしばって進み

次の半年は泣き叫びながら進み

その次は、静かに涙を流しながら進んだ気がします。

悲しさの量は変わりませんが、質が変わった気がします。(変な言い方ですよね。汗)


私はペットロスの専門家ではなく、ただの田舎のおばちゃんですが

そんな私の経験談だからこそ、お役に立てるところもあるかもしれません。

私がどんなふうにここまで進んできたのか、またこの日記で

お話できればと思います。


お盆はチコに、てんこ盛りのオヤツ、ご飯、鯵をお供えしました。

もうどんなに食べてもお腹が痛くなることもありません。

きっと、いっぱい食べてプハ~ッと満足してくれたことでしょう・・・♪


■本日の日記担当:チコママ

コメントをお書きください

コメント: 17
  • #1

    ✤ゆう✤ (日曜日, 16 8月 2015 12:16)

    てんこ盛りのおやつだなんて(´∀`*)ポッ
    きっとチコたんも大喜びですよね。

    私も、チコママから訃報を見た?聞いた時には
    やはり涙が止まらず・・・でも最近はこうやって、写真の中のチコたんを
    見るたびに、向こうで走り回っているかなぁ?とかダボたんと会えたかなぁとか
    うるうるしちゃうのですが、前みたく涙で文字が読めないほどではなくなりました。
    そして、やっぱり今でもチコたんに癒されています。
    ホントに可愛くて食べちゃいたいくらいです(*´д`*)←・・・w
    うちの子も、もうすぐ13歳になります。
    しっかり覚悟もしながら接していきたいです。
    チコママのお話、たくさん聞かせてください。
    いつも応援しています。

  • #2

    musakunです。 (日曜日, 16 8月 2015 14:37)

    こんにちは。

    お盆は賑やかでしたかー!?
    こっちもコテツ・はなこ・と賑やかでした。

    ペットロスって言葉最近の言葉ですよね。
    可愛い子達を亡くし始めの押し寄せる悲しみや無くした空しさ
    慟哭って言葉使って良いのか迷ったけどほんとに悲しみを表す
    言葉って難しい~わ。今年はチコちゃんの報告から深い悲しみを
    思い出しました。そしてわたしもブログも始めて日にちも経っていない中
    ムサシを通して今の自分と今までの自分と亡きコテツ・はなこ・を
    ヒシヒシと思い出して来てまたチコママの気持ちも味わった事を
    思い出しイキイキと鮮明にあの子達は生きていたんだと感じさせて
    もらって嬉しいです。
    だから忘れたわけじゃないんです
    でも改めてあの子達を思い出させてくれてありがとう~チコまま
    今年のお盆でムサシのブログでコテツ・はなこ・を紹介出来て良かった
    私は確かにコテツ・はなこ・と亡くしました。
    次はーって人に言われるまえにムサシが来ていましたから
    ペットロスは無いのかもと思いましたが
    忘れてないから思い出したら涙が溢れて来るんですよ
    ムサシが居ても思い出したら一緒でロスは、ずーとあると思う~
    ムサシがまた泣いてるって呆れてますよえへへ

    チコちゃんが「ママー泣いてもいいよー」って言ってくれますよ
    あー今年は良く泣いたなぁー(ToT)/~~~

  • #3

    みき (日曜日, 16 8月 2015 17:01)

    そろそろチコちゃんも虹の橋に帰るころですね。パパと遊んで、ばーたんさんのお散歩につきあって、
    ママさんとお昼寝して、合間あいまにオヤツと鯵をたっぷりいただいて…。充実したお盆だったでしょうね。
    それに、ママさん、きっとチコちゃんはもうひとつ大忙しのご用事を済ませていったと思いますよ。
    ミクフミちゃんやコロたんを始めとするワン友さんたちに、「ママをお願いなの」って頼んでまわっていた
    はずです。「チコの大事なママだから」って言いながら(^_-)-☆

  • #4

    太子の篤姫 (日曜日, 16 8月 2015 17:24)

    賑やかなお盆になってよかった~o(^o^)o

    お土産、たくさん持って虹の橋のたもとで、ダボくんたちと遊んでくれてますよね!

    動物よりも、寿命が長い人間の修復なんだと思います、悲しみの質が変わってきたのは・・・。

    人間には、ショックを和らげようとする機能がどこかに存在すると思います。

    だからこそ生きて行けるのではないかと思います。
    悲しみのあまり、全てをシャットダウンしても、時間まではシャットダウン出来ないですものね・・・。(*´︶`*)ฅ

    直後の記憶なんて、覚えてなくてもいいと篤姫は思います。

    チコママさんにはまだまだ時間が必要だと思います。希望に変える為の時間がね・・・(*≧∀≦*)

    込めて生きる・・・。

    チコちゃんは、チコちゃんなりの天寿を全うしたと思います。
    人は生まれて来る時に自分の寿命を決めて来てると聞いたことがあります。
    動物にもひょっとしたら、決めて来てるのかなと思います。

    うちの龍が介護されるの嫌がったみたいに・・・。あの子は寝たきりになるのがきっと嫌だったのかな・・・。篤姫は介護すると決めていたから、寝たきりになっても構わないと言い聞かせてたんですけどね( ̄∇ ̄*)ゞ

    通院記録を書いてたので、直後の状態も、書いてた( ̄▽ ̄;)
    まだ残してますよ。もう4年も経ったのにね

    きっと、チコちゃんの記録も残ってると思います。

    少しずつ前をむいて歩いて行く事、それが供養に繋がって行くと思います。




  • #5

    たろう&母ちゃん (日曜日, 16 8月 2015 19:59)

    チコママさん、ぺろままさんに感謝をこめて・・・
    ついにコメントデビューです(照
    たろうを送ってもうすぐ2年になります。
    お蔭さまで、穏やかな気持ちでお墓参りができました。
    「楽しかったね♪幸せだったね♪」「ありがとう!」って・・・。
    まだ2年、もう2年?と言う気持ちです。
    たろうとの思い出をきちんと整理して、心の引き出しに納めたいと思います。
    そうしたら、スッキリとした自分に戻って、次に進めるのかなと思います。(←自分へ)
    本当は、新しい家族を迎えたいと言うのが本音なのですが、連れ合いが反対なので
    毎日毎朝「柴犬が飼いたい!」と叫んでいるところです(笑
    叫ぶのが、口癖になっています(汗 連れ合いは聞こえないふりをしています・・・。
    こんな日を過ごせるのも、チコママさんぺろままさんの活動のお蔭です。
    本当にありがとうございます。もうじきロス3年生の私、「これからの永遠」を心に留め置き過ごして
    行けたらいいなぁ~と思います。
    チコママさんの『悲しさの量は変わりませんが、質が変わった気がします。(変な言い方ですよね。汗)』
    私もそう思います。
    チコちゃん、てんこ盛りおやつと新鮮鯵を食べて、ふかふかお布団でママとネンネして
    大満足ですね♪これからも応援させていただきます。
    残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいませ。

  • #6

    まめすけ母 (日曜日, 16 8月 2015 20:45)

    チコちゃん、ママがお供えしてくれたてんこもりのおやつ、ごはん、鯵は堪能しましたか?パパと遊んで、ママとお昼寝して、ばーたん、ねーたんのおうちにも行ってきましたか?
    わん友さんにママをモフらせてねって頼んできたかな?
    チコちゃん、大事なママ、パパ、ばーたん、ねーたんを見守ってあげてね。

  • #7

    管理人・チコママ (月曜日, 17 8月 2015 13:36)

    ■✤ゆう✤さんへ■
    温かいお言葉、ありがとうございます。
    ワンコってなんで食べちゃいたくなるんですかねぇ。
    私もいつも同じことを思っていました。笑
    私のお話、聞いて下さってありがとうございます。
    語れる場所があるというのは本当に救われます・・・♪

    ■musakunさんへ■
    たくさんの書き込み、ありがとうございます。
    届くたびに、しっくり読ませていただいております。
    確かにペットロスって最近、よく聞くようになったし
    あまり興味ない方には「大げさだな」と思われがちですよね。
    経験して分かります。気を張ってても、勝手に体も心も
    壊れていくんですよね。
    共有できるお友達(勝手にすみません)がいることは
    本当に心強いです。

    ■みきさんへ■
    本当にそうかもしれませんね・・・・。
    うちのママはモフモフが不足するとすぐ元気なくなるから
    お願いね~って。親孝行な子です。
    来年のお盆はさらに元気になった姿を、あの子に見せたいです。

    ■太子の篤姫さんへ■
    ありがとうございます。
    そうですね、あの子なりの天寿を全うしたのですから
    可哀想ではなく、頑張ったねって言ってあげなくちゃですよね。
    チコのお母さんとして、しっかり前を向いて歩いていこうと思います。
    お盆で、決意をまた新たにできました。

    ■たろう&母ちゃんさんへ■
    初コメント、ありがとうございます。
    私はまだロス1年生なので、先輩(?)からそんなふうに
    言っていただけて本当に嬉しいです。
    書籍を作ってよかった、心から思います。
    いつか母ちゃんさんの叫びが届き(笑)また運命の
    出会いがあるといいですね。
    その時はまた教えて下さいね。

    ■まめすけ母さんへ■
    なかなかハードスケジュールだったでしょうね、チコ♪
    間違いなくオヤツと鯵は堪能したと思います。
    チコが見ていてくれると思うと「頑張らなくちゃ」って思えます。
    あの子に負けないように、めいっぱい進んでいこうと思います。

  • #8

    れんまま (月曜日, 17 8月 2015 14:51)

    大好きなオヤツとごはんでチコちゃんも大喜びですね。お腹もいっぱいになって笑顔で走り回っているでしょうね。ワンちゃんとお別れした前後の記憶は私もほとんど覚えていません。ショックなことがあると人間の脳は自分で自分の思考を止めてしまうと何かで見ましたが本当にその通りだと思います。私は今の子で3代目になり二度愛犬とお別れしていますが、いつか来る別れに対しての覚悟はできないです。穏やかに送ってあげることができればいいのですが。。。難しいですね。私は先代の子達の写真を見て涙することがありますが雨降り地区のお話を思い出すようにしています。

  • #9

    ゆな (月曜日, 17 8月 2015 19:45)

    悲しみが大きすぎて、記憶がないのかもしれないですね。
    自己防衛のひとつだと聞いたことがあります。
    私は20年前に母を亡くしたのですが、その直後3日間の記憶がありません。
    葬儀の記憶はあるのですが、それ以外の時間どうしていたのか、20年経った今もわからないんです。
    だから、わが子を失ったときは辛くても忘れたくなくて、メモったりしてました。
    それでも所々空白の時間があります。
    ツライ記憶なら忘れてて良いよって言ってもらった気がして、無理に思い出す必要はないかなって今は思っています。
    たくさんのしあわせな記憶が残っているから、きっとその楽しい記憶を覚えててねって言ってもらってる気がします。
    チコたんもそう思ってるんじゃないかな?
    たくさんのおやつや、パパさんが釣ってくれた鯵や、チコママさんのごはん食べて
    お友達にご挨拶して、チコたんきっと大満足でしたね♪
    うちの子も笑顔でお盆休みを満喫してくれてると良いな。
    楽しく暮らしてるかどうか不安になったりしたときに、チコママさんのブログや
    このHPにお邪魔していると、あ~チコたんきっと笑顔でチコママさんを見守ってるって感じて
    うちの子も楽しそうにしてくれてるかもって思えたりします。
    チコママさん、ありがとうございます♪

  • #10

    もりのりす (月曜日, 17 8月 2015 21:22)

    こんばんは。はじめまして。
    いつもチコたんブログ楽しみにしてました。
    チコたん、おやつたーくさん食べたかな?
    チコたんとパパさんのふれあいシリーズ(?)が微笑ましくて大好きでした。

    実は今日のお昼
    愛犬の柴犬が息を引き取りました。
    14歳でした。
    悲しいのかなんなのか、涙もかれたのか
    ただただ誰かに話を聞いてもらいたくコメントしています。すみません。
    痴ほう症に寝たきり
    脳にも異常があり、発作
    でも最期は寝ているように、可愛いお顔でした。
    いろいろしてあげられた事あったかもしれないと、後悔もあります。
    ありがとう
    本当にいろいろありがとうと
    そればかりです。

    虹の橋で
    チコたんや他の子達の仲間に入れてもらって楽しく過ごして欲しいです。

    なんだか
    文章が纏まらず、すみません。

  • #11

    管理人・チコママ (月曜日, 17 8月 2015 23:08)

    ■れんままさんへ■
    いつか自分より先に行ってしまうと頭では分かっていたし覚悟もしていたハズなのに
    いざそれが現実となると、そんな覚悟は全く役に立ちませんでした。
    悲しいものは悲しい、それだけでした。
    雨降り地帯のお話には私も凄く助けられました。
    あの子を愛しているからこそ、進まなくてはいけないと思わせてくれる
    お話ですよね。これからも何回も見ると思います。

    ■ゆなさんへ■
    そうですね。楽しい思い出を沢山はなして、あの子との日々は本当に
    幸せだった~って何回も言ってあげる事が供養になるのかもしれません。
    お空の上はすごく温かで快適な場所らしいですね。
    みんなで楽しく暮らしてくれていると思います。
    こうして繋がったママたちの関係を、喜んでくれているような気がします。
    こちらこそ、ありがとうです。

    ■もりのりすさんへ■
    発作の心配や諸々のお世話で気が張ってらしたのですね。
    今は愛おしい我が子をお空に帰してあげなくちゃと
    また頑張ってらっしゃるのではないでしょうか。
    14歳という年齢まで愛するご家族と生活を共にし
    最期の時まで見守られ、とても幸せな人生だったのではと思います。
    きっとお互いに「ありがとう」でいっぱいの御関係だったのですね。
    福岡の空の下から、ご冥福をお祈りします。
    お空の上では、みんなお友達ですよね。
    きっと仲良く楽しく幸せに過ごしてくれると思います。
    悲しさはこれから襲ってくると思います。
    このコメント欄でもブログのメッセージ蘭でも
    私でよければいつでもメッセージ下さい。

  • #12

    ガジラ (火曜日, 18 8月 2015 01:15)

    ゆっくり・ゆっくり・・・進めばいいと思いますよ。
    わたしも、まだまだつらいときがありますから。
    わたしのうちの近所に、17歳になろうとしているわんちゃんがいます。
    会うと、飼い主さんにあいさつをして・わんちゃんにもあいさつをして。
    お散歩にもお付き合いさせてもらっています。
    わたしが、遅れると足を止めて待っていてくれるんです。
    飼い主さんも『教えたわけではないのに…。ちゃんと、ガジラさんを待っているの?良い子だね、あ、チャーちゃんはおじぃちゃんだったね。』と言ってくれて。
    わたしも、《チャーちゃん、ありがとう。追いつくから先に行っても良いよ。》と言って背中とあたまをなでてあげるんです。

    チャーちゃんと飼い主さんに感謝の気持ちでいっぱいになります。
    チコちゃん…ママからたくさんおいしいものをいただいたんですね。いいなぁ。重かったでしょ?
    ママもわたしも、ゆっくり・ゆっくり歩いて進むからね。
    これからも、お空の上から見守っていてくださいね。

  • #13

    管理人・チコママ (火曜日, 18 8月 2015 07:31)

    ■ラジラさんへ■
    温かいお言葉、ありがとうございます。
    それにしても17歳ってすごいですね。年齢を重ねたワンコさんの
    何とも言えない優しい感じとかわいらしさ。大好きです。
    教えなくてもワンコ達は私たちのことを、しっかりと
    見てくれているのですよね♪

  • #14

    ぷぅたろ (水曜日, 19 8月 2015 22:28)

    お久しぶりです。って言っても、かなり前なので忘れていらっしゃいますよね(笑)1ファンなんですもん。ちょうどチコBlogをお休みされた頃に、何故か職場の院長の奥さんとの話の中でチコちゃんの話題になって、盛り上がりました。チコちゃんはお友達を増やしてくれるんですよ。
    チコちゃんが引越しした頃、ふと「あれ?チコちゃん」って思ったんです。まさか・・って。その頃我が家の長女ひかるが体調を崩し危なかったんです。何とか持ち直して過ごして、秋に私が原因不明の痛みで入院宣告を受けてる時に、ひかるが倒れて下半身が動かなくなり、入院どころではなかったんです。でも、心配していたんでしょう。頑張って歩ける様になったので、私が入院手術する事が出来ました。退院してから、又もや体調を崩して正月も点滴に通い復活。私が仕事復帰した頃。今度は今までと違って、意識が無く、体温も下がり危篤状態になり、先生から「覚悟出来てる?」と。私は泣きながら「出来ていない。ダメ」と言ったのが聞こえたのか、持ち直してくれました。先生も最近になって「あの時はアカンって思った。でも覚悟はしときよ。目標は誕生日やな」とその目標の誕生日が今月の15日。16歳になりました。次の目標は、秋に産まれる孫の子守が待ってるので、本人(本犬)は、週1の点滴と毎日のはいかいと言うリハビリに励んでいます。長々とすみません。むかーーーしにママさんからメールを頂いたのは大事に残しています(笑)

  • #15

    管理人・チコママ (水曜日, 19 8月 2015 22:59)

    ■ぷぅたろさんへ■
    ブログでご報告できなかった当時の私に代わって、チコがご挨拶に
    行ったのかもしれません。永い間、チコを見守って下さって本当に
    ありがとうございました。
    少し遅れてしまいましたが、ひかるたん!お誕生日おめでとうございます♪
    愛するママさんのために、すごく頑張っているのですね。
    その調子で、子守も頑張らなくちゃね♪
    私もチコの介護を夢見ていました。
    それが叶わなかった分、ひかるたんをめいっぱい応援しております。
    ママさん、もうお体は大丈夫ですか?
    それこそ可愛いお孫さんの子守が待ってますので、ご自愛ください。

  • #16

    増田聡子 (木曜日, 20 8月 2015 07:19)

    チコママさん、はじめまして。
    実は私は、犬は飼ったことがありません。
    でも、日本犬が大好きです(*^^*)
    ワンちゃんたちも表情が豊かなんだと気がついてから、ますます好きになりました。

    チコちゃんのブログを毎日毎日楽しく読ませていただいていました。
    チコちゃんが調子が悪いとブログで知ってとても心配していました。
    ブログを休止されてからも、時々ブログを拝見されていただいていました。
    そしてブログを拝見した時、チコちゃんが虹の橋を渡ったと知り、とても悲しくて一緒に泣きました。
    チコマちゃんと共に歩んでこられたチコママさんの気持ちを考えると・・・

    でも、悲しみを乗り越えられて、また、ブログやホームページを再開され少しホッとしています。
    これからも、ブログやホームページ読ませていただきますね。
    ご縁に感謝しています。

    チコママさん、体調はいかがですか?
    ご自愛くださいね。


  • #17

    管理人・チコママ (木曜日, 20 8月 2015 07:36)

    ■増田聡子さんへ■
    永い間、チコを見守って下さって本当にありがとうございました。
    チコの為に流して下さった涙、きっとあの子には届いていたと思います。
    人からいただく愛情に、とても敏感な子だったので・・・。
    あの子が私に教えてくれた事を無駄にしたくなくて
    皆様のお力を借りながらここまで進んできました。
    これからも心はチコと共にいるつもりで更新していきますので
    どうぞ宜しくお願いします。